里親保険

里親保険とは、里親が子どもを預かった時から加入するもので、
個人賠償保険、生産物賠償責任保険、施設賠償責任保険の
3種類の保険をセットしたものをいいます。

[個人賠償責任保険]
里子がけがをしたり、死亡して、親権者又は里子本人から里親が損害賠償を請求されたとき、および、
里子が第三者に対し人的物的な損害を与え、第三者から損害賠償を請求された場合

[生産物賠償責任保険]
里親が出した食事で里子が食中毒にあい、死亡及び後遺症が残り、親権者または里子本人から里親が
損害賠償を請求されたとき

[施設賠償責任保険]
里親宅において、その住宅の欠陥や管理上のミスによって里子にけがをさせ、親権者または里子本人から
里親が損害賠償を請求されたとき


里親賠償責任制度
1年を通して里子を預っておられる方対象の保険です
里親の方で、里子の養育を始められた方、終了された方は必ず事務局にご連絡下さい。

てん補限度額

お支払する保険金の限度額と保険料  
保険種目 保険金のてん補限度額 1事故の
免責金額
里親1名当り
の年間保険料
施設賠償責任保険
(対人事故)
1名につき 5000万円 1千円 6,600円
1事故につき
施設賠償責任保険
(対物事故)
1事故につき
生産物賠償責任保険
(対人事故)
1名につき
1事故・1年間につき

*保険料の負担については、自治体により全額負担、一部負担、負担なしなどに分かれるようです。


里親賠償責任保険について>平成21年


 

保険金が支払われない例
○里子・里親の故意、里子・里親による暴行・殴打

○里子が里親の所有物(住居・家財等)を壊した場合

○戦争、内乱、騒じょう・労働争議に起因する損害賠償責任

○地震、噴火、洪水、津波若しくはこれらに類似の自然現象に起因する損害賠償責任等

 


里親賠償責任制度>>平成21年

平成8年度里親研修会テキスト

■トップページ   ■はじめに